このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと味見を(1782) 蒼龍葡萄酒醸造の赤わいん

蒼龍葡萄酒醸造の赤わいん

 友人に赤ワインをもらった。ヨーロッパに住むおいが、日本に帰国した際にいくつもワインを買い求め、土産に持ち帰るつもりが、数が多すぎて残したものの1本だという。山梨県甲州市、蒼龍葡萄酒株式会社の商品だった。
 名前もラベルのデザインも、和風を心がけている。ちょっと変わっていると思ったのは、アメリカ・ワシントン州の赤ブドウ果汁を使っていることだった。それに日本のブドウも加えているようだ。「辛口」と表示してあるが、口当たりがいい。濃厚で、ジュースのような飲みやすさがある。(梶川伸)2019.11.22

更新日時 2019/11/22