このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと味見を(1695) COEDO伽羅

COEDO伽羅

 たまには変わったビールをと、今回スーパーで買ったのは埼玉県川越市、共同商事コエドブルワリーの「COEDO伽羅(きゃら)」だった。
 焦げ茶色を基調にした缶のデザインが、ちょっと変わった印象を与える。ビールの色も褐色はかった茶色をしていて、缶に書いてある説明によると、それが伽羅の色らしい。飲むと、まず苦みを感じる。それと同時に、スパイシーな味もする。(梶川伸)2019.08.28

更新日時 2019/08/28


関連リンク