このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント情報 シンポジウム・邪馬台国の実像に迫る 11月10日◆申し込み10月4日~

催しの案内

【催しの名前】豊中歴史同好会創立30周年記念シンポジウム「邪馬台国の実像に迫る」
【日時】2018年11月10日(土)10時~16時半
【場所】豊中市曽根東町3-7-2、豊中市立文化芸術センター中ホール(アクア文化センター)
【内容】
・特別講演=塚口義信・堺女子短期大学名誉学長)「景初三年の遣使と魏の紀年銘鏡」
・基調講演1=西川寿勝・大阪府立狭山池博物館学芸員「再起の邪馬台国研究と文字文化」
・基調講演2=岸本直文・大阪市立大学教授「1世紀に誕生するヤマト(邪馬台)国の対等」
・基調講演3=小山田宏一・奈良大学教授「2/3世紀倭国の実像」
・基調講演4=福永伸哉・大阪大学大学院教授「邪馬台国における地域関係」
・シンポジウム「邪馬台国の実像に迫る」=コーディネーター・柳本照男・元韓国東洋大学教授▽パネリスト・基調講演の4人
【参加費】無料
【定員】100人・先着樹
【主催】豊中歴史同好会、豊中市教育委員会
【申し込み】10月4日9時から豊中市教育委員会生涯学習課06^6858-2581▽豊中市ホームページからの申し込み催し込みも可(豊中歴史同好会は申し込み不要)
=案内チラシから2018.10.03

更新日時 2018/10/03


関連地図情報

関連リンク