このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージ・平野さんがお年寄りの施設などでウクレレ漫談1000回

 豊中市民生児童員を務めた経験のあるジョージ・平野さんが、お年寄りの施設などでウクレレ漫談を慰問公演して間もなく1000回を迎える。
 平野さんの本職はそろばん道場。46歳の時から15年間、民生児童委員を務めた。高齢者に楽しんでもらうことを考え、落語を習いあしたが、ウクレレ漫談に転向しました。60歳からはピアノも習いました。豊中ケーブルテレビにも毎月、出演しました。
 現在は高川、庄本のデイサービスに月4回公演してしるほか、老人会のイベントに出張公演している。1000回目は7月に高川デイサービスで達成の予定。
 平野さんは「過ぎた1000回はどうってことないですが、これから1000回は気が遠くなる」と話している。
=情報提供・豊中市(梶川伸)2018.04.20

更新日時 2018/04/20