このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント情報 明智光秀と豊中 9月29日~12月20日◆実物展示10月16日~18日

催しの案内

【催しの名前】明智光秀と豊中~古文書によむ和平への道のり~
【日時】
・実物展示=2020年10月16日(金)~18日(日)9時~17時(初日は10時に展示開始)
・複製(写真)展示=2020年9月29日(火)~12月20日(日)9時~20時
【場所】豊中市曽根東町3-7-2、豊中市立文化芸術センター1階特別展示室
【内容】
・豊中市と豊中市教育委員会は、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でも注目を集める戦国武将・明智光秀が発行した禁制(中世のお触れ書き)などを公開
・この禁制は、渡邊家(若竹町)に伝わるもの
・10月16日~18日は実物を特別展示
・12月20日までの期間中は、禁制の写真展示のほか、明智光秀と豊中の関わりを紹介する展示や、徳川家康や豊臣秀頼など日本の歴史にその名を残す戦国武将たちの書状も合わせて展示
・明智光秀禁制=天正10(1582)年6月2日、天下統一を目前にした織田信長
は、本能寺で明智光秀に倒される。この禁制は、その5日後の6月7日に石蓮寺村にむけて出された。その後におきる合戦に備えるためだったのか。
・徳川家康禁制=慶長19(1614)年10月、豊臣秀吉の子、秀頼は徳川家康打倒の兵をあげ、大坂冬の陣が起きる。この禁制は11月13日に出されたもので、徳川方の軍勢が大坂城を包囲する時期にあたる。徳川家康の禁制は、2人以上の大名や公家の推薦がなければ出してもらえない、非常に高価で貴重なものだった。
【入場料】無料
【問い合わせ】豊中市魅力創造課06-6858-2872
=情報提供・豊中市 2020.10.06

更新日時 2020/10/06


関連リンク