このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント情報 とよなか音楽月間 9月29日~12月14日

催しの案内

【催しの名前】とよなか音楽月間
【日時】2019年9月29日~12月14日
【場所】豊中市内各所
【内容】
・「音楽あふれるまち・とよなか」を広く知ってもらおうと、豊中市は誰もが気軽に楽しめる音楽イベントを 数開催
・2019年で8回目
・豊中市に活動拠点を置く日本センチュリー交響楽団が市内の寺院や教会などでアンサンブルを披露する「豊中まちなかクラシック」、全国大会に数多く出場する市内の中学校・高校の吹奏楽部と大阪音楽大学(庄内幸町)との連携で行う「豊中こども音楽フェスティバル」、市内の高校7校の軽音楽部が熱奏を繰り広げる「高校生軽音楽フェスティバル」、ベートーヴェンの「第九」を日本センチュリー交響楽団、大阪音楽大学教授陣、そして豊中市民が中心となりオール豊中の合唱団で披露する「第2回 豊中市民第九演奏会」など

【豊中まちなかクラシック2019の概要】
・日本センチュリー交響楽団が、とよなか音楽月間のために 特別に編成する多彩なアンサンブルを披露
・楽団の活動拠点であるセンチュリー・オーケストラハウス(服部緑地)のほか、日本キリスト教団豊中教会(末広町) や東光院・萩の寺(南桜塚)、国の登録有形文化財の桜の庄兵衛ギャラリー(中桜塚)など趣の異なる7つの会場で、計10公演を開催
・ 申し込み方法(全公演共通)=パンフレットに添付の「申込みはがき」を切り取り、必要事項を記入して62円切手を貼付し郵送。 必要事項を記入すれば郵便はがきで代用可。9月30日(月)消印有効。当選者には10月16日(水)までに当選はがきを送付。公演により申し込み条件あり。

◇教会にこだまする色彩派と独創的音楽家のしらべ
・日時:10 月 25 日(金)19 時~20 時(定員:150 人)
・会場:日本キリスト教団豊中教会(末広町 1‐2‐28)
・内容:伝統ある教会にて夜の聖堂の雰囲気を楽しみながら、ラヴェル、ストラヴィンスキーらの 三曲を聴くコンサート

◇こども音楽会「じごくのそうべえ」
・日時:11 月 17 日(日)11 時 30 分~12 時 30 分・15 時~16 時(定員:各 80 人)
・会場:伝統芸能館(岡町北 1‐4‐1)
・内容:落語などで有名な物語「じごくのそうべえ」を同楽団ホルン奏者が編纂した楽曲のほか、 手遊び歌の演奏など、大人も子どもも楽しめるプログラム

◇ 濃密なシューベルトを味わう秋の昼下がり
・日時:11 月 24 日(日)15 時~16 時(定員:185 人)
・会場:センチュリー・オーケストラハウス(服部緑地 1‐7)
・内容:緑豊かな服部緑地内、普段は公開されることの少ない同楽団のオーケストラハウスにて、 シューベルトの室内楽の名曲を味わう

【大阪音楽大学との連携協力イベントの概要】
◇第 9 回 豊中こども音楽フェスティバル
・日時:9 月 29 日(日)14 時~15 時 55 分
・会場:大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス (庄内西町 1‐5‐38)
・主催:豊中中央ライオンズクラブ、大阪音楽大学、豊中市、 豊中市教育委員会 ・整理券取扱い
・問合せ:大阪音楽大学コンサート・センター

◇第 5 回 豊中音楽コンクール受賞者記念コンサート
・日時:10 月 5 日(土)18 時~20 時 00 分
・会場:大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス
・主催:豊中市
・整理券取扱い
・問合せ:大阪音楽大学コンサート・センター

【大阪大学との連携協力イベントの概要】
◇ 市民ロビーコンサート ・大阪大学交響楽団によるミニコンサート
・日時:10 月 31 日(木)12 時~12 時 40 分
・会場:豊中市役所第二庁舎 1 階ロビー(中桜塚 3‐1‐1)
・主催:豊中市

◇レクチャーコンサート「音楽のアラベスク、文学のアラベスク」
・日時:12 月 1 日(日) 14 時~15 時 30 分
・会場:桜の庄兵衛ギャラリー(豊中市中桜塚 2‐30‐35)
・主催:大阪大学共創機構社学共創本部 21 世紀懐徳堂、豊中市
・申込・問合わせ:大阪大学共創機構社学共創本部 21 世紀懐徳堂
=情報提供・豊中市2019.09.20


更新日時 2019/09/20


関連リンク