このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント情報 湯田寛・木村嘉子ふたり展 8月10位~9月1日

催しの案内

【催しの名前】豊中市×大阪府 所蔵作品展2019湯田寛・木村嘉子ふたり展
【日時】2019年8月10日(土)~9月1日(日)10時~19時=月曜休館(8月12位・振替休日は開館、翌13日は休館
【場所】豊中市曽根東町3-7-2,豊中市立文化芸術センター
【内容】
・豊中市ゆかりn美術家によって、戦後の現代アートの軌跡をたどる
◇シンポジウム「戦後関西の現代美術をふりかえる パンリアルからGeへの軌跡をたどって」
・8月10日(土)14時~16時
・司会=中塚宏行(大阪府府民文化部文化課研究員・美術評論家)
・パネリスト=篠雅廣(大阪市立美術館長)▽中井康之(国立国際美術館学芸課長・副
館長)▽西山康三郎(画家・元パンリアル会員・Ge会員)▽原田平作(大阪大学名誉教授)▽持田総章(大阪芸術大学名誉教授)
・参加無料
・事前申し込み不要
【主催】豊中市、豊中市市民ホール指定管理者
【問い合わせ】豊中市文化芸術課06-6858-2551
=案内チラシから2019.08.03

更新日時 2019/08/03


関連リンク