このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント情報 四國五郎展~シベリアからヒロシマへ~ ~7月20日

催しの案内

【イベントの名前】大阪大学総合学術博物館第22回企画展「四國五郎展~シベリアからヒロシマへ~」
【日時】~2019年7月20日(土)10時半~17時(日曜・祝日休館、5月31日は開館)
【場所】豊中市待兼山町1-20.大阪大学総合学習博物館待兼山修学館
【内容】
・四國五郎は詩画人として再評価が進んでいる
・シベリア抑留を経験し、その間に弟を原爆で亡くし、故郷広島に帰還した後、反戦文化運動に詩画人として身を投じた
・「原爆詩集」の表紙絵を描き、画文集「広島百景」を著した
・第1章
=シベリア抑留体験と表現▽第2章=被爆地ヒロシマの反戦文化運動▽第3章=反戦平和のために▽第4章=被爆体験を描く/ひろしまを描く
【観覧料】無料06-6850-6284
【問い合わせ】大阪大学総合学習博物館待兼山修学館
【関連企画】
◇国際シンポジウム「詩画人四國五郎の歩んだ道~シベリアからヒロシマへ~
・日時=2019年5月19日(日)13時~16時半
・場所=大阪大学会館アセンブリーホール
・使用言語=日本語
・登壇者=アン・シュリフ(オーバリン大学教授)▽川口隆行(広島大学准教授)▽岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)▽小沢節子(近現代史研究者)
・入場無料
・申し込み不要(先着順)
◇講演と朗読 四國五郎と「おこりじぞう」
・日時=2019年6月22日(土)14時~15時半
・場所=豊中市曽根東町3-7-2,豊中市立文化芸術センター多目的室
・内容=講演=「四國五郎と峠三吉」宇野田尚哉(大阪大学教授)▽朗読=「おこりじぞう」木内みどり(俳優)▽対談「四國五郎を語る」木内みどり×四國光(四國五郎・長男)
・応募=豊中市ホームページから▽往復はがき(往信面に住所、氏名、連絡が取りやすい電話番号、年齢、同伴者の情報、返信宛名麺に住所、氏名を書いて561-8501豊中市仲桜塚3-1-1、豊中市文化芸術課・四國五郎係へ、6月5日必着)
=案内チラシから2019.05.03 

更新日時 2019/05/03


関連リンク